営業時間:9時〜18時

頭痛のない快適な生活へ

カフェインで頭痛になる!!カフェイン頭痛のメカニズムと対策

 
カフェインで頭痛になる!!カフェイン頭痛のメカニズムと対策
この記事を書いている人 - WRITER -
まごころぎふと代表のイッペーです。自分自身が元々は頭痛持ちで、30歳の頃に顔面麻痺を発症して、頭痛と顔面麻痺の治癒に至った経験をキッカケに、施術+栄養療法(分子栄養学)が頭痛を始めとする様々な不調から病気になる前の予防として効果的だという事に気づきました。施術だけではなく、普段の食事や栄養に関すること、日常のことを配信しております。
詳しいプロフィールはこちら

毎日カフェイン(コーヒーや緑茶)を飲まれている方は多いのではないでしょうか?
僕は週に1〜2回程コーヒーを飲みます。

 

カフェインは集中力を高めたり、交感神経を働かせて活力を出してくれたりと、特に朝が弱い方には好きな方が多い印象です。

 

個人的には集中力を高めてくれる効果を特に感じますが、自分に合った適量を超えてしまうと思考が止まらなくなります。身体や脳は疲れているとわかっていても思考が止まらず、強制的に動かされている感覚を覚えます。

カフェインのリスク

カフェインのリスク

カフェインは良い面もありますが、頭痛においてはリスクとなる事も少なくありません。

カフェインの過剰摂取は、一連の急性および慢性の生物学的および生理学的変化を誘発し、認知機能の低下、うつ病、疲労、不眠症、心臓血管の変化、および頭痛を引き起こす可能性があります.

 

また、上記の論文ではこのような記述もあります。

カフェインの慢性的な消費は、一次性頭痛を激化させたり、過度の鎮痛薬の使用による頭痛を引き起こしたりする可能性がある、

薬物乱用性頭痛との関連性を示唆する記述もあります。

慢性的な頭痛持ちの方は、鎮痛薬が効かない、鎮痛薬によって頭痛が引き起こされているという方も少なくありません。

カフェインについては色々と議論されるところですが、カフェインの摂取目安は国によって異なるようです。

世界保健機関(WHO)は、2001年にカフェインの胎児への影響はまだ確定はしていないとしつつも、お茶、ココア、コーラタイプの飲料はほぼ同程度のカフェインを含んでおり、またコーヒーはその約2倍のカフェインを含んでいることから、妊婦に対し、コーヒーを1日3から4杯までにすることを呼びかけています。 また、英国食品基準庁(FSA)では、2008年に妊婦がカフェインを取り過ぎることにより、出生時に低体重となり、将来の健康リスクが高くなる可能性があるとして、妊娠した女性に対して、1日当たりのカフェイン摂取量を、WHOよりも厳しい200mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)に制限するよう求めています。

個人的には妊婦さんのカフェイン摂取はリスキーだと思っていますが。。

 

あくまでも、このような摂取目安は一概には決めきれないとも思っています。
人それぞれのカフェインの代謝能力の違いによるところがあるので、自分自身の適量を見つける必要があると考えます。

カフェイン頭痛のメカニズム

カフェイン頭痛のメカニズム

1日に3杯以上カフェインを摂ると頭痛を発生する人が多いというデータもあります。

こういうデータも、1日3杯以上摂っても問題ない方もいれば、1杯でも頭痛が発生してしまう人がいるという事を理解しておきたいところです。

 

逆に、カフェインを摂る事で頭痛が軽減するという人がいて、このことから頭痛に対してカフェインが効果的とも言われたりします。

 

しかし、この場合のカフェインの効果は、日頃からカフェインの摂りすぎによってもたらされているものです。

 

メカニズムとしては、

アデノシンがアデノシン受容体とくっついて血管を拡張させて血流を保つ働きがありますが、カフェインはアデノシン受容体とくっつくことによってアデノシンとアデノシン受容体がくっつく事を邪魔します。邪魔されると血管を拡張することができない状況となります。

 

体としては血流が悪くなるという状況は好ましくないので、アデノシン受容体を増やしていきます。

 

カフェインの摂取が繰り返されていくとどんどんアデノシン受容体を増やすことになります。

 

アデノシン受容体が増えた状態でカフェインを摂らない状況ができると、アデノシンが増えたアデノシン受容体にくっつくことで急激に血流が増えることで、その結果として頭痛が発生すると考えられています。

 

ここでカフェインを摂る事でアデノシンとアデノシン受容体との結合が減り、急激な血流増加が抑えられて頭痛が軽減するというメカニズムが存在するので、

 

カフェインで頭痛が軽減=カフェインは頭痛に効果的

 

という、ややズレた認識が作られているのです。

 

そもそもを考えると、個人の許容量を超えたカフェインの摂取が頭痛を引き起こしているのですが、その大事な部分は無視された状態で『頭痛にはカフェイン』という対症療法的な考え方に違和感を感じずにはいられません。。

 

その場しのぎ的な考え方の問題点は、問題を先送りするだけではなく、その問題をより大きくしていき、手の施しようがない状況を招いてしまうのです。

 

例えば、タバコの吸い過ぎで、タバコを吸っていないと落ち着かない状況と同じで、そもそもタバコを吸っていなければそういう事にはならなかったのです。

 

これが効果的だと思い込み、頭痛対策として取り入れていると、より悪化していくリスクが高いため、少しずつでもカフェインを必要とせずに頭痛を改善させる対策を立てる必要があります

 

カフェインを必要としない頭痛対策

カフェインを必要としない頭痛対策

カフェインを必要としない頭痛対策

そのためのポイントが、『日頃の食生活を含む生活習慣の見直し』です。

 

カフェインを摂りたくなるのは栄養状態が満たされないところに起因する『エネルギー不足』です。

 

カフェインは『エネルギーの前借り』とも言われたりします。

ようは、借金と同じです。

前借りせずに済むように、日頃からエネルギーが満たされるような食生活を心がける必要があります。

 

オススメな食生活は、

・和食

・まごわやさしい

 

まごわやさしいは、

ま:豆類
ご:ごま等の種実類
わ:わかめ等の海藻類
や:野菜
さ:魚
し:椎茸等のキノコ類
い:イモ類

の意味です。

 

これらを意識した食生活を送れると、次第にエネルギーが満たされるようになり、カフェインを必要とせずに頭痛を無くすことができ、それだけではなく、活力ある毎日を過ごすことができるようになります。

 

個人的には、マルチビタミン&ミネラルのサプリメントを使う事で、栄養状態のベースアップも良いと感じております。

オススメのマルチビタミン&ミネラル↓
Life Extension, ツーパーデイ(1日2粒)カプセル、120粒

 

カフェインは、集中力を高めたり、交感神経を優位にしたり、ダイエット効果があったり等、様々な作用がありますが、摂り方次第で良薬にもなり、毒にもなります。

 

日頃から摂り過ぎ、カフェインが無いと頭や体が働かないという方は、頭痛だけではなく、副腎疲労を引き起こし、最悪は寝たきりに近い状態にもなりますのでそのような認識を持っておく必要があります。

 

カフェインで頭痛が和らぐと感じている方はカフェイン中毒に陥っている可能性があるので、「最近、カフェインの量が増えてきたなー」と思う方はご注意くださいね。

 

そのような場合は、急激にカフェインを抜いてしまうと、離脱症状としての強烈な頭痛を起こすこともあります。ヒドい方の場合は数日〜数週間ベッドから起き上がることもできなくなる方もいますので、徐々に減らす方向にシフトしていく方が安全です。

 

カフェインの自分なりの適量を見つけて、良いお付き合いをしていきたいですね(^^)

 

☆自分で治せるようになる頭痛解消セミナー☆

日時&場所:

①2022年12月10日(土)

18時〜21時

オンライン(ZOOM)

残り3名

 

②2022年12月11日(日)

9時〜12時

(栄養と身体のサポート

まごころぎふと)

残り2名

受講費:¥5,000

(事前振り込み)

参加ご希望の方は公式LINEよりご連絡ください。

 

 

まごころぎふと店舗情報
【お問い合わせはLINEがオススメです】
友だち追加

【メニューはこちらから】

【ブログはこちらから】

営業日:月〜土
定休日:日曜・祝祭日
営業時間:9時〜18時(最終受付17時)
駐車場:サロンの前に1台分有り

『まごころぎふと』が取り入れている、自分でできる頭痛解消のテクニック方法や、健康に関する最新情報を無料で配信しています

LINEでは頭痛解消のテクニックや健康情報を無料配信をしておりますが、栄養カウンセリングや施術のご予約も受け付けております。ご登録は無料ですのでお気軽にご登録、お問い合わせください。

まごころぎふと プロフィール

友だち追加

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
まごころぎふと代表のイッペーです。自分自身が元々は頭痛持ちで、30歳の頃に顔面麻痺を発症して、頭痛と顔面麻痺の治癒に至った経験をキッカケに、施術+栄養療法(分子栄養学)が頭痛を始めとする様々な不調から病気になる前の予防として効果的だという事に気づきました。施術だけではなく、普段の食事や栄養に関すること、日常のことを配信しております。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© まごころぎふと , 2022 All Rights Reserved.