営業時間:9時〜18時

頭痛のない快適な生活へ

頭痛の原因はマグネシウム不足?頭痛持ちはうつ症状も併発する。

 
頭痛の原因はマグネシウム不足?頭痛持ちはうつ症状も併発する。
この記事を書いている人 - WRITER -
まごころぎふと代表のイッペーです。自分自身が元々は頭痛持ちで、30歳の頃に顔面麻痺を発症して、頭痛と顔面麻痺の治癒に至った経験をキッカケに、施術+栄養療法(分子栄養学)が頭痛を始めとする様々な不調から病気になる前の予防として効果的だという事に気づきました。施術だけではなく、普段の食事や栄養に関すること、日常のことを配信しております。
詳しいプロフィールはこちら

慢性的な頭痛をお持ちの方の場合、食事や栄養状態を確認するのですが、ほぼ間違い無く当てはまるものが『マグネシウム不足』。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/9523054/

急性片頭痛発作中の患者の最大50%がイオン化マグネシウムのレベルを低下させたことを示唆しています。マグネシウムの注入は、そのような患者の急性片頭痛の迅速かつ持続的な軽減をもたらします。2つの二重盲検試験は、慢性的な経口マグネシウム補給も片頭痛の頻度を減らす可能性があることを示唆しています。

個人的にいつも考えているのは、頭痛と食事・栄養を考える際に注意したいポイントがある。

 

頭痛と食事・栄養のポイントを理解する

頭痛と食事・栄養のポイントを理解する

頭痛と食事・栄養のポイントを理解する

それは、単に『不足しているから補う』というだけでは不十分であるという点である。

不足と聞くと摂取不足を思い浮かべる。『食べていない』というイメージを持ちませんか?

実際に食べていない(ここではマグネシウムを含む食材)事も多いが、食べているのに不足している事も少なくないのです。

ではなぜ、食べているのに不足した状態になってしまっているのか?

これはいくつか考えられる要因があります。
・ストレス
・カフェイン(コーヒーや緑茶)
・精製糖質過多(砂糖、精白小麦)
・アルコール
・薬
等がマグネシウムの体内での消費量を増やし、その結果としてマグネシウム不足が起こるのです。

 

頭痛はマグネシウム不足の症状の一つですが、その他には、
・筋肉のケイレン
・まぶたのピクピク
・不眠
・気分の落ち込み
等の症状があります。

痛みだけではなく、メンタルの不調にも繋がるというのもポイント。

 

頭痛とうつ症状

頭痛とうつ症状

頭痛とうつ症状

というのも、慢性的な頭痛持ちの方(10年以上)の多くでうつ症状を併発している方がみられます。
中には心療内科等で投薬治療を受けている方も少なくありません。

 

そのような方は、症状や日頃の食事内容からマグネシウム不足が予測される事が大半です。

当然、マグネシウムを積極的に補給することで頭痛やメンタル症状の改善がみられてくるのです。

マグネシウムは海藻類や豆類、ゴマやアーモンド等の種実類等に多く含まれています。個人的にはマグネシウム豊富な塩やニガリもオススメしています。

 

サプリメントで補給するなら下記がオススメです↓

Alta Health, 塩化マグネシウム,

 

頭痛は大きな病気の入り口

頭痛は大きな病気の入り口

頭痛は大きな病気の入り口

血液検査では極度のマグネシウム欠乏でない限り異常値として現れてこないため、なかなか見つけてもらえない事も少なくないのが厄介なところです。

循環器系(心臓等)の問題で救急に運ばれる方の中には極度のマグネシウム欠乏を起こしている方が多いとも言われています。

頭痛だけではなく、命に関わる病気の陰にマグネシウム不足あり。

 

極度のマグネシウム不足にならずとも、頭痛やメンタル症状(うつやパニック)が引き起こされる事は理解しておきたいところですね。

それを放置していると心臓の問題も起こることが予測されるため、僕は常々、

【頭痛は大きな病気の入り口】

とお伝えさせていただいております。

 

慢性的な頭痛は命に関わることが無いと思って軽視されがちなのですが、長期的な視点で考えると慢性的な頭痛を放っておくという事は命に関わる病気も無視しているという事に繋がるという認識を持つ必要があると強く感じます。

 

対症療法で安易にその場をごまかし続けるのはやめた方が良いです。

慢性頭痛をお持ちの方は根本原因を見つけ出して、早急に頭痛を解消される事をオススメします。

まずは、頭痛解消のためにもマグネシウムを積極的に補給しよう。

 

まごころぎふと店舗情報
【お問い合わせはLINEがオススメです】
友だち追加

【メニューはこちらから】

【ブログはこちらから】

営業日:月〜土
定休日:日曜・祝祭日
営業時間:9時〜18時(最終受付17時)
駐車場:サロンの前に1台分有り

『まごころぎふと』が取り入れている、自分でできる頭痛解消のテクニック方法や、健康に関する最新情報を無料で配信しています

LINEでは頭痛解消のテクニックや健康情報を無料配信をしておりますが、栄養カウンセリングや施術のご予約も受け付けております。ご登録は無料ですのでお気軽にご登録、お問い合わせください。

まごころぎふと プロフィール

友だち追加

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
まごころぎふと代表のイッペーです。自分自身が元々は頭痛持ちで、30歳の頃に顔面麻痺を発症して、頭痛と顔面麻痺の治癒に至った経験をキッカケに、施術+栄養療法(分子栄養学)が頭痛を始めとする様々な不調から病気になる前の予防として効果的だという事に気づきました。施術だけではなく、普段の食事や栄養に関すること、日常のことを配信しております。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© まごころぎふと , 2022 All Rights Reserved.