営業時間:9時〜18時

頭痛のない快適な生活へ

【栄養療法】継続が何よりも大事!やることは意外とシンプル

 
【栄養療法】継続が何よりも大事!やることは意外とシンプル
この記事を書いている人 - WRITER -
まごころぎふと
まごころぎふと代表のイッペーです。自分自身が元々は頭痛持ちで、30歳の頃に顔面麻痺を発症して、頭痛と顔面麻痺の治癒に至った経験をキッカケに、施術+栄養療法(分子栄養学)が頭痛を始めとする様々な不調から病気になる前の予防として効果的だという事に気づきました。施術だけではなく、普段の食事や栄養に関すること、日常のことを配信しております。
詳しいプロフィールはこちら

どうも!沖縄県糸満市で頭痛専門の整体サロンをやっています、理学療法士・栄養カウンセラーのIPPEIです。

栄養療法を行っていく上で、「自分にはどの栄養が必要なの?」と心配になる方は多くいらっしゃいます。
もちろん人それぞれ必要な栄養素はありますが、同じ人間なので基本的な事は変わりありません。それよりも、その必要な栄養素を摂り続ける事が最重要です。

あまり難しく考えず、まずは基礎となるタンパク質や脂質が豊富な食材をベースに日本人特有の不足する栄養素を補うだけで良いのです。

様々な事情でサプリメントを買えない方も少なくありません。なのでお客さんほぼ全員に栄養豊富な卵を食べるように指導します。それだけでも頭痛が軽くなってきたり、朝起きられるようになった、自然と体重が減っていく、等の喜びのご報告をいただきます。

必要な栄養素を優先的に食べて、それを継続する

タンパク質不足

タンパク質

水分を除いて、栄養素の中で最も多いのがタンパク質です。

最も多いということは、体が最も求めていて、最も食べないといけない栄養素という事を意味しています。

これは家庭教育、学校教育において教わってくるものではありません。
なので、その必要性を理解していない方が大半です。
僕のサロンに頭痛やその他の不調、病気の相談に来られる方の多くは栄養のこと、タンパク質の重要性を認識されていない方ばかりです。

でも、全然難しくなくて、まずは単純にタンパク質をどのようにして摂取していくかを知れば良いのです。必要な食材や摂取量を知る事は大して難しくありません。

しかし、問題は『継続』です。

栄養療法を行うと、自然と食事内容がシンプルかつ似通ったものになってきます。
なので、徐々に飽きてきます。
色々と工夫できる人は問題ありませんが、料理が苦手な方はややしんどい思いをされる方もいらっしゃいます。

これは多くの方が通る道ですが、これを越えていく必要があります。

味付けや作り方、トッピングを工夫するのも良いです。継続できる方法があれば何でも良かったりします。
しかし、砂糖が多く入った調味料は極力避ける必要がある。

僕の場合は、ある意味悟りに入った領域に行き着きました(笑)

美味しい・美味しくないという概念はすでに無くなり、『元気に生きるために食べる』という精神で毎日食べ続けています^^;色々な情報や考え方を知っているため、あくまでも現段階ではこのような考えで食べています。

ですが、幸いなことに妻が料理好きなので、色々と味付けを工夫してくれたり、斬新なアイディアで楽しく食べれるようにアレンジしてくれますので、実際はあまり飽きること無く毎日食べる事ができています。妻に感謝ですm(_ _)m

タンパク質が必要であることは人間に共通ですが、継続できるための工夫は人それぞれです。自分に合ったお好みの方法で継続できる方法を見つけてもらえれば良いと思います。

ご家族やお友達と一緒になど、一人ではなく誰かと取り組むのも継続するコツです。

下記の記事も参考にされてください⬇
タンパク質の大切さ。【栄養カウンセラー】が現場で感じるもの

お米は人間の『主食』ではない

お米は人間の『主食』ではない

お米は人間の『主食』ではない

日本人の主食として『お米』がありますが、人間の体の作りや働きから考えると主食とは言えません。

お米はいわゆる炭水化物で、そのほとんどが糖質で占められています。
体を構成する栄養素の中で糖質の必要量は
1。水分60%、タンパク質20%、脂質15%、ビタミン・ミネラル4%といった構成です。
下記の記事も参考にしてみてください⬇
【非常識】バランスの良い食事は体のバランスに合っていない。

見ての通り、糖質が最も少ない、言い換えるとほとんど必要のない栄養素です。

さらに言うと、糖新生という、体内で糖を作り出す機能を持っているので、口から糖質を取り入れる必要はないとも言われています。

こう言われて糖質を急激にカットする方がいますが、特に女性やヤセ型の男性は急激なカットは体調を崩すリスクが高まります。

糖質制限の始め方については、詳しくは下記の動画で解説してありますので、ぜひご覧ください⬇

まとめ

・継続が最重要
・タンパク質を毎日必要量摂取する工夫が必要
・糖質は積極的に摂る必要はないが、急激にカットすると体調を崩す可能性がある

すべてのお客さんに『継続』の重要性をお伝えしております。

必要な栄養素を知ることができれば、それを毎日摂り続けるだけです。

長年の頭痛や体調を崩している方は栄養療法の効果が出るまでに時間がかかることがありますが、プロテインやEAA、サプリメントを用いることで加速させることが可能です。

それでも、長い目で見ていくと日常の食生活はとても重要なので、まずは食生活を整えていくことが大切です。

僕の考え方は、目先の症状を取り除くだけではありません。

何十年先も元気で快適に暮らすために必要なことをお伝えします。

大切なことほどシンプルです。

何事もそうです。

基礎はシンプルかつ最重要です。

この理解力を高めるだけでも継続するための材料になります。

僕に関わる方が一人でも多く頭痛や不調のない生活を送れることを日々願っております。

まごころぎふと店舗情報
【お問い合わせはLINEがオススメです】
友だち追加

【メニューはこちらから】

【ブログはこちらから】

営業日:月〜土
定休日:日曜・祝祭日
営業時間:9時〜18時(最終受付17時)
駐車場:サロンの前に1台分有り

『まごころぎふと』が取り入れている、自分でできる頭痛解消のテクニック方法や、健康に関する最新情報を無料で配信しています

LINEでは頭痛解消のテクニックや健康情報を無料配信をしておりますが、栄養カウンセリングや施術のご予約も受け付けております。ご登録は無料ですのでお気軽にご登録、お問い合わせください。

まごころぎふと プロフィール

友だち追加

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
まごころぎふと
まごころぎふと代表のイッペーです。自分自身が元々は頭痛持ちで、30歳の頃に顔面麻痺を発症して、頭痛と顔面麻痺の治癒に至った経験をキッカケに、施術+栄養療法(分子栄養学)が頭痛を始めとする様々な不調から病気になる前の予防として効果的だという事に気づきました。施術だけではなく、普段の食事や栄養に関すること、日常のことを配信しております。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© まごころぎふと , 2020 All Rights Reserved.