営業時間:9時〜18時

頭痛のない快適な生活へ

【朗報】ヒザが痛くて正座ができない人ができるようになった

 
【朗報】ヒザが痛くて正座ができない人ができるようになった
この記事を書いている人 - WRITER -
まごころぎふと
まごころぎふと代表のイッペーです。自分自身が元々は頭痛持ちで、30歳の頃に顔面麻痺を発症して、頭痛と顔面麻痺の治癒に至った経験をキッカケに、施術+栄養療法(分子栄養学)が頭痛を始めとする様々な不調から病気になる前の予防として効果的だという事に気づきました。施術だけではなく、普段の食事や栄養に関すること、日常のことを配信しております。
詳しいプロフィールはこちら

どうも!沖縄県糸満市で頭痛専門の整体サロンをやっています、理学療法士・栄養カウンセラーのIPPEIです。

ヒザが痛くて曲がらないという事でお困りではないでしょうか?
歳を重ねてからのヒザの痛みは栄養的な側面からの問題も隠れていますが、それと同じぐらい筋膜にも問題を抱えています。

ヒザの痛みがある場合、ヒザの周囲だけではなく足首や股関節にも痛みの原因があります。

今回のお客さんは、筋膜的な痛みの原因を取り除くことで正座ができるようになりました。

ヒザの痛みはデメリットだらけ

ヒザの痛みはデメリットだらけ

ヒザの痛みはデメリットだらけ

ヒザの痛みは生活の質を落とします。その理由は、痛みがあると何をするにしても億劫になり、行動が狭まれてしまうからです。

ヒザの痛みがあると、
・掃除や洗濯物を干す時がツライ
・階段の上り下りがツライ
・出かける時に痛い思いするから家から出たがらない
・友人、知人との交流が減る
・人との交流が減ると認知症のリスクも高まる
・痛みがあると顔もきつくなる
・旅行ができない
・頭の中が痛みの恐怖に支配される。痛みのことばかり考えてしまう
・痛みが精神的なストレスになり栄養状態も悪くなる
・手術を受けないといけないのか?と心配になる
・正座ができなくて、法事の時にモヤモヤする
等、デメリットだらけですね。。。

旅行できないとか、動き回れないとか、個人的には拷問でしかありません。辛すぎます。。

人間は移動の手段として脚を使います。ヒザはその中でも特に負担の多い関節だとも言われているので、活動的で、人生を楽しむためにもヒザは大事にしてほしいと思います。

ヒザの痛みの原因はヒザだけではない

ヒザの痛みをもった方に多いのが、足首周囲や股関節の周囲にもヒザの痛みの原因があるということです。痛みの原因はそれこそ人それぞれですが、似通った部分も多々あります。それが足首周囲や股関節周囲の筋膜の異常です。

過去に捻挫をした記憶がある方も無い方も、
・足首の関節(靭帯)が緩んでグラついている
・股関節周囲(特にお尻の筋肉)が固くなっている
パターンが多く見られます。

男女の違いもあります。特に女性では痛みに対して我慢する(我慢できる)傾向にあります。そのため、痛みを放置して長引かせる事も少なくありません。その結果、良くなるどころか徐々に痛みがひどくなります。
歩けないほどの強い痛みになるまで我慢して、やっと相談に来るというケースは少なくありません。そうなると痛みを解消させるまでに時間がかかります。費用も大きくなります。
早めに対処することで短い時間と少ない費用で症状を解消できたりします。何事も早めの対処が必要です

多くの方を見ていて感じるのは、「我慢はムダ」と思ったりします。
その理由は、我慢しても得られるものが、
・ヒザの痛みが強くなること
・痛みによる精神的ストレスの増加
・痛みを解消するために治療や施術に通う頻度と時間とお金の浪費
・手術&入院
マイナス要素しか得られません。。どこにもメリットはありません。誰も喜びはしませんし、むしろ手術になるようだと家族への心配もかけるという、家族の精神的ストレスを与えてしまうだけです。

痛みを放置するということはまったくもって誰もメリットに感じるものはありませんので、もし痛みを感じている方はお早めにご相談ください。

今回は歩く時の痛みも解消されるだけではなく、できなかった正座ができるようになりました。

ヒザの痛みの原因はヒザだけではない

ヒザの痛みの原因はヒザだけではない

喜んでもらえたのはとても嬉しいですね(^^)

栄養療法を同時に取り入れることで早期に痛みを解消

栄養療法を同時に取り入れることで早期に痛みを解消

栄養療法を同時に取り入れることで早期に痛みを解消

ヒザの痛みが長引く方の多くが栄養状態が良くない事も少なくありません。栄養状態が悪いということは細胞が壊れやすい状態とも言えます。ここ、メッチャ重要です!

人間の体は約37兆個の細胞の集合体です。ヒザに限らずその他の関節も内臓も、何かしらの痛みや不調が出るということは細胞が壊れていたり、壊れやすい状態である事を、痛みや不調という症状を出すことで、それをメッセージとして訴えているのです。

37兆個ある細胞の一つ一つは食べた栄養素で作られています。ココ、メッチャ重要です!!
細胞を作るために必要な栄養が摂れていないと丈夫な細胞を作ることはできないというのは想像に難くないのではないでしょうか。

赤信号は『止まれ』というメッセージです。
そのメッセージを無視して進みますか?事故りますよね。

体でも同じです。
痛みや不調は赤信号を示しているのです。
体は早めに対処して欲しいと訴えているのです。
メッセージを無視せずに早めに対処してあげてください。
自分の体を大切に扱ってください。

細胞を良い状態に保つということは栄養を適切に取り入れる事と同じことを意味します。
ヒザの痛みにも栄養療法は欠かせません。

まとめ

・ヒザの痛みはデメリットだらけ
・ヒザは負担がかかりやすい関節
・痛みの原因はヒザだけではなく足首や股関節にもある
・痛みの原因を解消すると痛みも消えて正座ができるようになる
・ヒザも内臓も、不調が出ているということは細胞の状態がわるいということ
・細胞を作るのは栄養素
・適切な栄養を適切な量摂り入れる事で細胞が良い状態を保てる(痛みや不調を予防する)

痛みは体を守るための反応なので、生きていく上では欠かせないものですが、できれば普段から感じたいとは思いませんよね^^;
僕は痛みに弱いので、我慢せずにすぐに対処します(笑)なので、結果的にすぐに良くなります(^_^)v

痛みを我慢してやり抜く的なことが美徳とされている場面が見受けられますが、必ずしも良い事ばかりではありません。それどころか、長期間我慢することがマイナスになる場面を多々見てきたので、あまり我慢せずに早めに対処する方が懸命だと思います。

ヒザの痛みを解消させて楽しい生活を取り戻しましょう。

まごころぎふと店舗情報
【お問い合わせはLINEがオススメです】
友だち追加

【メニューはこちらから】

【ブログはこちらから】

営業日:月〜土
定休日:日曜・祝祭日
営業時間:9時〜18時(最終受付17時)
駐車場:サロンの前に1台分有り

『まごころぎふと』が取り入れている、自分でできる頭痛解消のテクニック方法や、健康に関する最新情報を無料で配信しています

LINEでは頭痛解消のテクニックや健康情報を無料配信をしておりますが、栄養カウンセリングや施術のご予約も受け付けております。ご登録は無料ですのでお気軽にご登録、お問い合わせください。

まごころぎふと プロフィール

友だち追加

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
まごころぎふと
まごころぎふと代表のイッペーです。自分自身が元々は頭痛持ちで、30歳の頃に顔面麻痺を発症して、頭痛と顔面麻痺の治癒に至った経験をキッカケに、施術+栄養療法(分子栄養学)が頭痛を始めとする様々な不調から病気になる前の予防として効果的だという事に気づきました。施術だけではなく、普段の食事や栄養に関すること、日常のことを配信しております。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© まごころぎふと , 2020 All Rights Reserved.