営業時間:9時〜18時

頭痛のない快適な生活へ

【頭痛解消】後頭部の頭痛はおでこが原因!?おでこのケア方法

 
【頭痛解消】後頭部の頭痛はおでこが原因!?おでこのケア方法
この記事を書いている人 - WRITER -
まごころぎふと
まごころぎふと代表のイッペーです。自分自身が元々は頭痛持ちで、30歳の頃に顔面麻痺を発症して、頭痛と顔面麻痺の治癒に至った経験をキッカケに、施術+栄養療法(分子栄養学)が頭痛を始めとする様々な不調から病気になる前の予防として効果的だという事に気づきました。施術だけではなく、普段の食事や栄養に関すること、日常のことを配信しております。
詳しいプロフィールはこちら

どうも!沖縄県糸満市で頭痛専門の整体サロンをやっています、理学療法士・栄養カウンセラーのIPPEIです。

後頭部に頭痛を感じて困っている方はとても多いですね。首や背中の筋膜のかたさが影響することも多いですが、以外にもおでこの筋膜も影響しています。

おでこは眉毛から前髪の生え際までと範囲が広いため、人によって微妙にかたくなっているポイントが異なるため、かたまったところを見つけていく必要があります。

かたくなったところを施術していくと鋭い痛みを感じ、目の周りや耳の周り、後頭部まで響く感じがわかります。施術中は痛いのですが、施術を続けて柔らかくなってくると痛みが引いてきて、後頭部の頭痛も和らぐことを体感します。

後頭部とおでこはつながっている

筋膜の異常のイメージ

全身がつながっている

後頭部とおでこ、後ろと前、後頭部から離れているから関係無いのでは?と思われがちですが、筋膜的には後ろと前のつながりがあるので、大きく関係しています。

このおでこがかたくなる原因はいくつかあります。
・上目使いになる
・しかめっ面
等、おでこにシワが入るような表情や目の使い方が影響している事が考えられます。

それぞれを深堀りしてみましょう。

上目使いになる

上目使いになる

上目使いになる

デスクワークをしていると無意識に姿勢が丸くなってきたりしませんか?そうなるとそのような姿勢になると、目の高さがモニター画面よりも低い位置になってしまい、やや見上げるような体の使い方になってしまいます。それが続くとおでこ周りがかたくなってきます。それと同時に首の筋肉の負担も大きくなります。

また、タイピングしていて文字の入力の確認をする際に、目だけを動かして画面を見ようとするとおでこ周りの筋肉を多く使うことになり、これが頻繁になるとおでこがかたくなり頭痛に影響します。

さらに言うと、キーボードと顔の距離感が近くなると、キーボードを見る→画面を確認する→キーボードを見る→画面を確認するという一連の動作で目を大きく動かすことにつながります。

目の使いすぎはおでこのかたさを作り、結果的に頭痛につながります。

手の長さや視力等、人それぞれキーボードと画面の距離感は変わりますが、やや離れている方が目を動かす範囲は短くなり、負担も減らすことができます。

しかめっ面

しかめっ面

しかめっ面

イライラしていたり、機嫌が悪かったりするとしかめっ面になりますよね^^;それもおでこのかたさに影響します。

しかめっ面をさらに深堀りすると、多くは不機嫌ですよね。特に女性は不機嫌になりやすい方も少なくないように感じます。その原因の一つが『栄養不足』です。

主にタンパク質と鉄分をはじめとした栄養不足。とても多いです…。

女性の栄養不足が解消されれば不機嫌も減り、女性の多い環境での様々な人間関係の問題は起こりにくくなるとひそかに思っています。
以下の記事が参考になります⬇
【頭痛解消】長年の頭痛には栄養療法が効果的!方法を解説。

セルフケアも可能

セルフケアも可能

セルフケアも可能

おでこは四十肩や五十肩で肩が上がらない方以外はセルフマッサージが可能です(^^)

眉毛から髪の生え際辺りまでの範囲で、ゴシゴシとこするようなマッサージをして痛みを感じるところがあればそこが問題だったりするので、その部分を可能な範囲でマッサージを続けます。

マッサージをしていると目の周りや耳の周り、後頭部あたりまで痛みが広がることが感じられると思います。※オデコ以外にも原因はあるので、必ずしもおでこだけが原因というわけではありません。

30秒〜1分程度が良いので、それを提案することが多いです。
カンタンな方法なので頭痛に悩まされている方は試してみてください。

おでこだけではなく目尻のかたさも頭痛に影響する

日頃は痛みを感じていないのでそこが原因だとは気づかない

目尻のかたさも影響

デスクワークによる弊害はおでこだけではなく、目の周りにも現れます。特に目尻がかたくなるケースは多く、さらに視力の悪い方ほど目尻のかたさは強い印象を受けます。

目尻をおでこと同じ要領でマッサージをして痛みを感じるようであればそこも頭痛の要因になっている場合が多いので、おでこもやりつつ目尻のマッサージをされると良いです。

まとめ

・後頭部の頭痛はおでこの筋膜のかたさが影響する
・おでこがかたくなる理由は『上目使い』と『しかめっ面』
・上目使いはパソコンとの距離感や目の使い方が影響する
・しかめっ面は栄養不足(特にタンパク質と鉄分)
・デスクワークが多いと目尻のかたさも頭痛に影響する

日常の仕事がデスクワークとなっている方も少なくないと思います。

僕自身もこうやってブログを書いたり、SNSをやったり、調べ物をしたりで、日常的にパソコンを使う時間は長くなります。

集中していると1時間以上も動かずに作業するので、顔や首だけではなく全身がかたまるのを感じます。

僕の場合はデスクワークをするとかたくなるという理屈がわかっているので、その都度ストレッチやセルフマッサージなどでケアをしていますが、デスクワークに慣れているとかたまったりコリ感があることに慣れ過ぎてしまい、自覚できずに頭痛や腰痛に悩まされたりします。

デスクワークは身体への負担が大きい作業の一つです。動かないからラクではないのです。動かないからこそ負担になっているのです。

セルフケアもやりつつ、こまめに動いたりすることで自分の身体を守りましょう。

まごころぎふと店舗情報
【お問い合わせはLINEがオススメです】
友だち追加

【メニューはこちらから】

【ブログはこちらから】

営業日:月〜土
定休日:日曜・祝祭日
営業時間:9時〜18時(最終受付17時)
駐車場:サロンの前に1台分有り

『まごころぎふと』が取り入れている、自分でできる頭痛解消のテクニック方法や、健康に関する最新情報を無料で配信しています

LINEでは頭痛解消のテクニックや健康情報を無料配信をしておりますが、栄養カウンセリングや施術のご予約も受け付けております。ご登録は無料ですのでお気軽にご登録、お問い合わせください。

まごころぎふと プロフィール

友だち追加

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
まごころぎふと
まごころぎふと代表のイッペーです。自分自身が元々は頭痛持ちで、30歳の頃に顔面麻痺を発症して、頭痛と顔面麻痺の治癒に至った経験をキッカケに、施術+栄養療法(分子栄養学)が頭痛を始めとする様々な不調から病気になる前の予防として効果的だという事に気づきました。施術だけではなく、普段の食事や栄養に関すること、日常のことを配信しております。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© まごころぎふと , 2019 All Rights Reserved.