営業時間:9時〜18時

頭痛のない快適な生活へ

頭痛特集15【子どもの頭痛】

 
子どもの頭痛
この記事を書いている人 - WRITER -
まごころぎふと
まごころぎふと代表のイッペーです。自分自身が元々は頭痛持ちで、30歳の頃に顔面麻痺を発症して、頭痛と顔面麻痺の治癒に至った経験をキッカケに、施術+栄養療法(分子栄養学)が頭痛を始めとする様々な不調から病気になる前の予防として効果的だという事に気づきました。施術だけではなく、普段の食事や栄養に関すること、日常のことを配信しております。
詳しいプロフィールはこちら

幼少期はグリコーゲンの蓄積不良、

未熟な糖新生機能、

脂肪酸利用(ケトン体利用)の低下などが基礎になり、

低血糖、エネルギー不足に陥りやすい状態であると考えられます。

 

過食など偏った食事であったり、

またはあまり食事を摂取しなかったりすることで、

低血糖が起きているとも考えられます。

 

片頭痛関連の病態には

食事由来の低血糖および低血糖に伴う自律神経の緊張が

深く関わっていると考えられます。

 

子どもの頭痛の原因は何でしょうか?

外的要因:、昔に比べパソコン、ゲーム、スマホ等を使用する機会が増えたことが大きな要因です。

 

内的要因:鉄欠乏が多く見られます。

 

生後6ヶ月から2歳くらいまでの間に、

お母さんからもらってきた鉄を使い果たしてしまいます。

そのため、さらに十分な鉄の補充が必要です。鉄はとても重要です。

 

頭痛の子どもの血液検査をすると、

鉄欠乏性貧血が多く、

またヘモグロビン値が基準値の下限ギリギリだと

フェリチンはとても低い状態である事も多いと言われています。

 

成長のために鉄が使われるのに対して、

補充が追いつかないために頭痛が起きていると考えられます。

『まごころぎふと』が取り入れている、自分でできる頭痛解消のテクニック方法や、健康に関する最新情報を無料で配信しています

LINEでは頭痛解消のテクニックや健康情報を無料配信をしておりますが、栄養カウンセリングや施術のご予約も受け付けております。ご登録は無料ですのでお気軽にご登録、お問い合わせください。

まごころぎふと プロフィール

友だち追加

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
まごころぎふと
まごころぎふと代表のイッペーです。自分自身が元々は頭痛持ちで、30歳の頃に顔面麻痺を発症して、頭痛と顔面麻痺の治癒に至った経験をキッカケに、施術+栄養療法(分子栄養学)が頭痛を始めとする様々な不調から病気になる前の予防として効果的だという事に気づきました。施術だけではなく、普段の食事や栄養に関すること、日常のことを配信しております。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© まごころぎふと , 2018 All Rights Reserved.