営業時間:9時〜18時

頭痛のない快適な生活へ

頭痛特集 7 【栄養の観点 低血糖①】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
まごころぎふと
まごころぎふと代表のイッペーです。自分自身が元々は頭痛持ちで、30歳の頃に顔面麻痺を発症して、頭痛と顔面麻痺の治癒に至った経験をキッカケに、施術+栄養療法(分子栄養学)が頭痛を始めとする様々な不調から病気になる前の予防として効果的だという事に気づきました。施術だけではなく、普段の食事や栄養に関すること、日常のことを配信しております。
詳しいプロフィールはこちら

《栄養》の観点から低血糖について。

 

自律神経は常に変動しております。

実は毎日、何度もこの自律神経に最も影響を与えているものがあります。

それが『低血糖』です。

 

朝起きるのが辛い、夜寝付けない、夕方になると頭痛がする等の症状はありませんか?

これは血糖の変動によるものかもしれないのです。

 

血糖の変動が頭痛と関係することを示す例です。

  • 低血糖タイプ(緊張型頭痛の人に多い):食後4〜5時間後に血糖の下がりが維持できない人に多い。交感神経は緊張状態で、アドレナリンの作用により血管収縮が起こり、首の後ろの筋肉が硬くなり、頭痛が誘発されます。

 

  • インスリン過剰タイプ(片頭痛の人に多い):糖に過敏な状態の方で、甘いものを摂取したり、過食したりする人で、食後それほど時間が経たないうちに頭痛が起こります。頭痛がある人は血糖が高い傾向にあるという研究報告もあります。片頭痛の人は、血糖を下げる唯一のホルモンであるインスリンの分泌が優位に高いともいわれています。インスリンの分泌によって急激な血管の拡張が起こるため片頭痛を引き起こすと考えられています。この場合も首の後ろの筋肉が硬くなっております。

頭痛で悩まされずに、毎日を快適に✨

==================★

『頭痛専門コンディショニングサロン  まごころぎふと』

 

お問い合わせ  ※《完全予約制》となっております。

 

●お電話でのお問い合わせはこちら↓↓

070ー5499ー0711

※施術中はお電話に出られませんので、施術後に折り返しご連絡させていただきます。

 

●LINEでのお問い合わせはこちら↓↓

『まごころ整体 ぎふと』LINE

 

●メールでのお問い合わせはこちら↓↓

seitaigift@yahoo.co.jp

『まごころぎふと』が取り入れている、自分でできる頭痛解消のテクニック方法や、健康に関する最新情報を無料で配信しています

LINEでは頭痛解消のテクニックや健康情報を無料配信をしておりますが、栄養カウンセリングや施術のご予約も受け付けております。ご登録は無料ですのでお気軽にご登録、お問い合わせください。

まごころぎふと プロフィール

友だち追加

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
まごころぎふと
まごころぎふと代表のイッペーです。自分自身が元々は頭痛持ちで、30歳の頃に顔面麻痺を発症して、頭痛と顔面麻痺の治癒に至った経験をキッカケに、施術+栄養療法(分子栄養学)が頭痛を始めとする様々な不調から病気になる前の予防として効果的だという事に気づきました。施術だけではなく、普段の食事や栄養に関すること、日常のことを配信しております。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© まごころぎふと , 2018 All Rights Reserved.